2019年02月20日
    0 COMMENTS
    0 COMMENTS

    こんばんはヒラリーです。

    最近聴き馴染んだあだ名ですが自分でヒラリーとゆうのは、ちょっと痛い気がしてきてなりません。

    そんな事はさて置き、今更感満載ですが、好きなブロガーさんがいます!

    『加藤はいね』さんです。

    勝手に名前を個人ブログに載せてすみません。

    がしかしっ!

    この人、、もとい、、この方すんごいの。もうすんごいの。頭の中を1回へいへいドクターに診てもらったら、シワだらけなんじゃないかと思う。。

    その自虐体験を鮮明且つ、リアルに、読み手の想像を膨らませるかの如く、ナイスな言葉のチョイスで綴っておられます。。

    でもね、でもーー、、こんなことを言ったら、不快な思いをするかもしれないが、、、

    最初はいねさんを知って、、やばい、、、女版の俺だ。。。似ている、、、ニスギテイル。。歳も同じだ。。

    かつて、母が冗談まじりで言っていた、アンタはうちのこじゃないよ!(川で拾われたシリーズ)俺の場合ヤギの小屋の前でしたが。

    実はアンタには双子の兄弟がいると、、、、

    一瞬頭をよぎったよね、、、

    だってハンハンチンギスハーンなんて、自分以外でゆうてるの彼女が始めてだったし、、、

    良く皆んなから変な奴だとか、心や頭の中が読めないてよくいわれていたのよね。

    (こいつこえーわ!俺の頭をよむ?メンタリズム?お前はDAIGO目指してんのか?サイコパスなのか?)と、どっちかといえば、それを言われている俺の方がガクブル状態で、たまーに、あ?おれおかしいのかな?周りからはハタ坊みたいって思われてるじゃないか?等など、たまに自分自身が疑心暗鬼に陥ることもあった。。

     

    〜ハタ坊〜

    「ダジョー!」と言いながら、頭の上の旗をなびかせて町を行くハタ坊。なんにも考えていないし、なんにも分らない、ただ漠然と生きるたくましい男の子。

     

    はいねさんが、そうとは言っていない!

    だが、不思議と近いものを勝手に感じてるんだよ。。多分昔から頭の回転や、記憶力はよく、国語の作文等は人一倍描くのがはかやったはず、、、俺めちゃめちゃ早かったから。。

    お題があったら、それに関してひたすら語れるの。。急にフラれても、有村昆ばりに、ナイスなコメンテートしちゃうわけ。

    自画自賛しているわけではないが、数学、数字に関しては死ぬ程うとかった。。だって1つの答えしかないし?

    国語ってさ、ある種、本当かどうかはわからない話?信じるか知んないかはあなた次第?的な多いし、松尾芭蕉さんの奥の細道に関して言えば、定かではないが芭蕉さんの細道の話より、この人の本当の正体?目的?なんなんだろう、よくこんなおじいさんが、この時代に歩いて各地を転々としてんなー普通無理だろとか、歩いて回る水戸黄門バリに毎回不思議やなぁて思っていた次第でして、、そしたらどっこいだよ。。松尾芭蕉は徳川につかえてた最高峰忍者、服部半蔵なんじゃないかとか、、徳川の埋蔵金を埋めるために松尾芭蕉とゆう名を家康さんにもらい奥の細道でカムフラージュしてたんじゃないかとか、次から次へと、、、、

    小学一年の時の記念すべき国語の授業参観でも、やらかしたことあったな。。。先生が、『ここで一番偉いのはだーれだ!』っていう、チョロい質問をしてきたのだよ。

    俺は思ったね!この方しかいない。

    ヒラリー『はいっ!しがきもみよしさんです』

    どよめいたよね。。周りの母さん方があわれんで俺をみてたよね。。あの子頭ダイジョブ?的な眼差しで。。俺は自信しかなかったから、何故だ!もみよししかいねーだろ!すげーんだぞっ!っとばかりにどやる。。

    まぁね、結果一番偉かったのは王様っつう話だけど、当時市長選挙かなんかで、選挙ポスターがすこぶる通学路に貼られてたんだよねー、、、しがきもみよしさんね、、目立ってたよね。輝いてたよね。。アンタが一番と思っていたよ。もう一年生ながらにマインドされたのかもしれないねーー

    てな感じでね、ちょっとおかしな子だったわけ。人と物に対する考えとゆうか、違う視点から観れるとゆうか、、、

    社会人になり苦労したこともしばしば、、でも色んな経験を積み、もうかれこれ32さいだよ。。。

    って、序盤のはいねさんの話題関係なくなっちゃってる💦

    なにしろ、同じ匂いがするなって思っただけ。これからも、ファンとして、はいねさんブログ愛読していきますね⭐️

    名前勝手に使ってごめんなさい。姉さん。

    それでは、さよなら、さよなら、さよなら

    この記事が気に入ったら
    いいね ! しよう

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    関連記事